防雨型ジョイントボックス 自作

引き込み盤と地中のPF管の接続部分に

ジョイントボックスを設置しますが、

画像


現状
画像


ジョイントボックス設置イメージ

画像


市販の防雨型ジョイントボックスを調べてみたが、

使いたい形と大きさでみると、かなりのお値段。



仮設置なので、機能を果たすだけならと思い自作する事にします。

底板用のアクリル板に、直径40ミリと20ミリの穴を開けます。

画像


胴周りと天板用に、アクリル板を切っては取り付けしていきます。

画像


入り口のフタ部分にパッキンを貼り

画像


寸切りボルトでフタを固定するイメージです。

画像


現地で取り付けして、熱収縮などの検証をしていきます。


念のため、屋根カバーを付けておきました。

画像


画像



追記

現地で取り付けしたので(20180504)
http://65396436.at.webry.info/201805/article_3.html

側板はクリアーなので、アクリルガッシュを塗っております。

画像


アクリルの特性として

・電気絶縁性 :高電圧に耐え、絶縁材料として広く利用されている。

・硬さ :アクリルの表面の固さは、ほぼアルミニウムと同じ。

・比重・衝撃強度 :比重は1.19、耐衝撃強度はガラス1に対し、10~16倍。

・伸縮性 温度変化で長さ1mに付き10℃変化すると約0.7~2mm伸縮します 。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 防雨型ジョイントボックス 自作その後

    Excerpt: 20180503ブログ記事『防雨型ジョイントボックス 自作』 取り付けて時間が経過(9ヶ月)した様子を報告したいと思います。 Weblog: にっこり生活2 racked: 2019-02-15 01:39