説明不足 商魂たくましい \\\// 二度…

福井県への救援物資の輸送が終わり、滋賀県高島市 道の駅安曇川で車中泊したのち

琵琶湖に立ち寄って


20180211 7:16

雪が少し残っています。

画像


いつもの湖西道路を走ります。



まだ帰る時間には早いので、以前に行ったのですが、

雨で蕎麦だけ食べて帰った場所の「三井寺」(滋賀県大津市園城寺町246)

20170107ブログ → http://65396436.at.webry.info/201701/article_4.html

へと寄ります。



駐車場《無料》内の停める場所を案内され車を駐車して、

圓満院門跡綜合受付に向かいます。

料金五百円をお支払いして、順路の障子を開けて進みます。


☆宸殿(しんでん)

1647年に京都御所より譲り受けた建物らしっす。


☆三井の名庭(みいのめいてい)

池泉鑑賞式の庭。

池泉庭園 :

自然の山水の景色を写してつくられる庭園の様式で、

そこには山があり、川があり、池がある庭をいいます。

この様式の庭には「水」という要素が取り入れられています。

観賞式 :

庭には下りずに、座敷に座って眺めて観賞する方法。

回遊式 :

庭の中を順路を定めて歩きながら観賞する方法。

舟遊式(しゅうゆうしき):

庭に設けた広大な池の中を舟遊びをしながら観賞する方法。

枯山水 :

水を象徴した白砂を庭に敷き詰め、その白砂の上に景石を置いたり、

白砂に波紋を描いたりして、島、海洋、波といったものを表現する形式。

この様式の庭には「水」という要素がありません。

露地 :

茶室に付属して設けられた茶庭。千利休は短歌で

『露地はただ浮世の外の道なるに心の塵をなぞ散らすらむ』

と歌って、露地を、人を茶室に導きいれる通路であるとともに、

雑念を払って茶の湯の世界にいざなうためのもの、と位置づけています。

それ故に露地は、何も飾らないありのままの、もの静かな風情のたたずまいが

よしとされているらしいです。



画像


建具の滑りを良くする工夫

画像


敷居の溝にコロコロをはめ込んでいます。


画像


拝観を終えて入り口にある湧き水の名水を汲みます。

説明書きを一括りにすると、飲むと長生きできるかもしれないと。




横にあるお蕎麦やさん(開運そば)へ行こうと敷地内のお兄さんに

「蕎麦屋さんやってる?」 と聞くと

「11時からですわ」との答え。

「そやね、まだ早いもんね」と言い

三井寺(敷地内無料)の駐車場を出ます。

お兄さんにバックオーライと誘導してもらいて右折して大津インターへと向かいますが、

信号のある交差点の角に

※長寿そば※ の看板!

電気も点いていて、お土産屋さんもあるみたいなので、

寄ることにして駐車場に車を止めると、

小屋からおっさん「ちなみに、自分は爺さんデス」が出てきていきなり

(五百円です!) と一言。

「其処のレストランか何かわからない蕎麦やに行くんやけど!」

(関係ないです!)




「じゃ-いいわ!」

説明不足 商魂たくましい (● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾ 二度とは行きません!

普通なら、蕎麦屋さんの駐車場はあっちですとか、蕎麦屋さんの駐車場は無いですとか

説明しないですか!


近くの人も坂道を登って歩いて蕎麦屋さんに来ますか!?

私は行きません!

乾麺の蕎麦で充分デス!

五百円の駐車料金払って蕎麦を食べるって、この日本にあるんですかね?

あるならば、教えてください!

東京ほどの高い固定資産税を支払っているお蕎麦屋さんなら

仕方ないねと納得出来ますが。


大津市って 東京丸の内以上の評価?


そんな訳ないでしょ!

※一老人なら、こう言いますが

にっこり

三井寺拝観の方は駐車場料金無料デス!

わざわざ遠路はるばる、ありがとうございます!







大津ICから(京都東から入れば高速料金は少し安い)

三木ICへと向かいます。










道中、西宮名塩SAで美味しいタコ焼き🐙を食べる事にします。


時間は11時頃なので、空いていました!

🤞

ある方のブログに書かれている評価基準は、

★5つ また食べまーす。
★4つ 美味い。また食べるかも。
★3つ 合格点。でもまた食べるかな?
★2つ 完食しただけ。次はない。
★1つ 我慢して食っただけ。
★ゼロ 許さん!

定番の
「ねぎマヨたこ焼き」
画像は載せませんが、ふわふわトロトロ。兎に角美味しい!

評価は・ ★★★★★ 否応なしの5つ

チョット欲を出して、前から気になっていた

名塩ラーメン🍜

値段660円

醤油味を食券機で発注。

番号を呼ばれて細君が取りに行き、テーブルに置かれたのを見ると

薄いチャーシュー1つと、海苔に印刷された キャッチフレーズ

画像


見た目勝負の一品。

醤油味の割にはスープの色が‥


味の評価と言うと

★1つ 我慢して食っただけ。


シナチクも玉子もありません。

薄味の味気ないもの。

高い!

あくまでも一老人の感想です。

お金を頂く以上リサーチ不足。

ぼったくられた感覚。


ネットで評判見てみると、やはり怒り💢マークがありました。


二度目はありません。

ネクスト西日本さんに責任はありませんので悪しからず。


自分のリサーチ不足でした。



言いたい放題でしたが、全ての人に感謝して

今日も1日健康で過ごせてありがとう!





兵庫県加古川市から、福井県往復 560キロの色々記録でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック