テーマ:加古川

オリオン座、おうし座北流星群

南東から南西にかけて、 オリオン座流星群 と、 おうし座北流星群 が見えるかもと 二時すぎに目が覚めましたので、 慌てて準備をして定位置へと向かいます。 この定位置は、 ペルセウス座流星群 2017 http://…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本三奇

日本三奇の一つ ☆石乃宝殿 水に浮かぶ、奇跡の巨岩 神代の昔、天津神の命を受けた ・大穴牟遅(おおあなむち:大国主神(おおくにぬしのかみ)の別名と、 ・少毘古那(すくなひこな:少彦名命すくなびこなのみこと)が、 国土経営のため出雲からこの地に来られ、国を守るための 「石の宝殿」の建造 にとりかか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あかりの鹿児資料館

自宅から図書館へ行き来する際、 時々通る裏通りにありますが、 建物がチョット道路から奥にあって、見落としてしまいそうな 場所に『あかりの鹿児資料館』 (鹿児:かこ)という 明かりの 時代変遷と、人々が使用するのにあたり、 知恵と工夫の道具などを展示しているところがあります。 チョット時間を作り、8月2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和泉 式部 その2 (市内散歩6)

前回の続きです。←前回を読みたい方クリック 歌人 和泉 式部 (いずみしきぶ)って、どんなん?。 昔のある時、和泉式部が旅の途中、丹波の静かな村に立ち寄りました。 ちょうどその時にひどい嵐がやってきました。 何日も大雨が降り続いて、川はあふれ、村にあった橋はみんな流され、 和泉式部は村から出ることができな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和泉式部

中庭のムクゲは元気がいいです。 さて、和泉式部(いずみしきぶ)978年頃 - 没年不詳 知っておられる方々も多いと思われますが、 万葉集を代表する歌人です。 (余談ですが3月18日は、柿本人麻呂、女流歌人の和泉式部と小野小町の忌日なので、 記念日として、 精霊の日となっています。) 話し…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

市内散歩 5

8月11日(山の日) いつも行くホームセンターの近くにあるのですが、 車で通ると見過ごす場所にあります。 平木橋 花崗岩のアーチとレンガを組み合わせた水路橋で、 大正4年(1915)に神戸の淡河川と山田川から 農業用水を引く疎水事業の一環として建造されましたが、 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

寿命餅

皆さんご存知の『東海道中膝栗毛』(とうかいどうちゅうひざくりげ)十返舎一九作 時を経て、続、続 『続膝栗毛播州廻り』(ぞくひざくりげ ばんしゅうまわり)が加古川市内の画廊から見つかり その本の一部に、加古川市内散歩4「尾上神社」 の茶店で、 『ひとつ食べたら百年長生きするという寿命餅』なる名物をめぐり …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市内散歩 4-3

春日神社 祭神 ・武甕槌(タケミカヅチノミコト)雷神、かつ剣の神。 ・経津主命(フツヌシノミコト) ・天児屋根命(アメノコヤネノミコト) ・比売神(ヒメノカミ) ※四神が含祀され一社総殿と言います。 奈良本宮の春日大社から分霊を迎えて建立されたとの事。 2
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

市内散歩 4-2

泊神社(トマリジンジャ) 主祭神:天照皇大神(アマテラス オオミカミ) 配祀神:国懸大神 少彦名命(クニカカスノオオカミ スクナヒコナノミコト)                 天照大神が天岩戸に隠れたとき、八百万の神々が、大神の怒りを解くために鏡を造り、 1つは伊勢神宮に祀られ、1つは海に流された。 大…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

市内散歩4

尾上神社(オノエジンジャ) 祭神は、海の神様、住吉大明神です。 神功皇后が三韓(朝鮮)征伐をなされた時、住吉大明神が海上を守護されたため、 皇后は御凱旋のみぎり、ここに上陸されたが、霖雨が降り続いて軍を進めることが出来なかった。 そこで、皇后は「鏡の池」で斎戒沐浴して尾上神社を鎮祭し、晴を祈願されたという。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

市内散歩3-2

前回の続きです。 浜宮天神社(はまのみやてんじんしゃ) 詳しくは神社のHP(http://www.hamanomiyatenjinsha.com/gakusinkanko.htm)をご覧頂きたいのですが、 『学問の神』として祀られているとの事。 百度石 『なで牛』 この牛の像の頭をなで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市内散歩 3

先日のブログ 「オリーブの木」の続きです。 国道250号線の坂井交差点より南方面へ進みます。 山陽電車の踏切にぶつかります。 姫路方面行きの電車です。 踏切を渡り進むと中島公園があり、中島会館の一角に 宝蔵寺のオリーブの木の枝分かれがありました。 場所は加古川市別府町中島町17 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

市内散歩 2

近くには、十五神社(ジュウゴじんじゃ)⛩があります。 通りから入ると 境内の中に入って行くと、百日紅(サルスベリ)の花が咲いていました。 百日紅は字の如く、夏から秋にかけ長々と咲いている花です。 蕾みです。 手作りの説明がラミネートで作ってありました。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

市内散歩(日本で一番古いオリーブの木)

朝のはやくからお散歩です。 宝蔵寺 場所は、加古川市別府町本町1丁目23 加古川市に日本で一番古いオリーブの木があります。 宝蔵寺境内に、多木化学の創始者、多木久米次郎により植えられたものです。 (画像をクリックすると拡大します。) 木の枝で見にくいですが『日本一古い』と書いてあります。 向…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more