和歌山へ 荷受け

2019年度の計画 :

躯体立ち上げ→外壁下地

を達成するため、資材の荷受けに行ってきた。



品物はトラックで運ばないと運べない大きさなので

現地のレンタカー店へ電話をした。




『トラックを借りたいんだけど、スタッドレスある?』

店員(スタッドレスは無いです。)

予想された通り、雪を想定していない地域では当然であろう。

キル

なので、和歌山の兄宅に春までの期間で一時的に保管を依頼した結果OKが得られたので

行ってきた次第です。

1月5日(土)



兄宅に着いて事前に保管場所の確認を行いホテルに向かい

くつろぎました。

1月6日(日)

翌朝散歩を兼ねて
(昨年の6月9日以来の)

和歌山城。

画像


画像


前回は大手門側のホテルでしたが、今回は西側の追廻門(おいまわしもん)側のスマイルホテル。

画像


荷受けの時間にはまだ余裕でしたので、コーナンプロにウィンドウショッピング。

時間となり兄宅で樹脂サッシの荷受けを完了しました。

一組はテラス戸の樹脂サッシ(Lo-E複層ガラス)

二組目はアルミサッシのテラス戸(Lo-E複層ガラス)

画像


断熱効果が期待されます。

そして、必要な大工道具を借りました。



・プロ用 鑿
・玄翁
・コンプレッサー
・鉄砲(釘打ち機)
・W滑車
・足場金具
等々

三月の初め頃までには、トラックでサッシ、材木などを現地に運びいれる予定です。

仕入でコストダウンを図ることが、セルフビルドの醍醐味ではなかろうかと

思う次第です。

皆様におかれましては、今後とも色んな情報がございましたら

どんな些細なことでも、お教え頂ければと 思っております。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック